ピタットハウス北岡崎店TOP>ブログ記事一覧>岡崎市の賃貸マンションを探す前に、耐震対策について知ろう

岡崎市の賃貸マンションを探す前に、耐震対策について知ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テーマ:岡崎市

『天災は忘れた頃にやってくる』という言葉があるように、自然災害はいつどのタイミングで発生するか判りません。

そういった大地震発生時の危険性を少しでも抑えるため、賃貸マンションなどで行われている対策が、揺れに強い構造を採用した耐震対策です。

今回は、賃貸マンションで採用されている地震被害を抑える構造の種類や、岡崎市が行っている防災対策などをご紹介しましょう。


賃貸マンションの地震対策構造は3つ


耐震構造の賃貸物件


賃貸マンションなどで採用されている建物の地震対策構造は、以下の3種類があります。

 

・耐震構造

 

建物の建築時、基礎部分の間に筋交いという斜めの基礎を入れ込むことで、地震から直接伝わる揺れに耐える構造。

低層階の賃貸マンションやアパート・一戸建てなどで、多く採用されている地震対策構造です。

 

・制震構造

 

建物の建築時、基礎部分の間に制震ダンパーという装置を組み込む構造。

地面から伝わる揺れを制震ダンパーが吸収し、建物自体の揺れを小さくします。

また耐震構造と比較すると、高層階の揺れ幅を最小限に抑えることができるため、高層賃貸マンションやビルなどで多く採用されている地震対策です。

 

・免震構造

 

基礎部分と建物が密着する耐震構造・制震構造と異なり、基礎部分と建物の間に免震装置を組み込んで、建物と地面を切り離す構造。

そのため、地面から伝わる揺れを免震装置が吸収し、建物に伝わる揺れを最小限に抑えることができます。

なお、この免震構造を採用した地震対策は、愛知県庁本庁舎でも採用されています。


岡崎市が行う防災対策は?


先述の項目では、地震対策構造の種類と特徴をご紹介しましたが、ここからは岡崎市が行っている防災対策についてご紹介したいと思います。

 

・おかざき防災緊急メール「防災くん」の配信

 

各警報や地震情報など、大きな災害に関する情報や避難情報などをお知らせします。

なお、この緊急メールは多言語版もありますので、岡崎市在住の外国人の方も必要な情報をきちんと知ることが可能です。

 

・岡崎市防災ガイドブック、水害対応ガイドブックの作成・配布

 

岡崎市が指定する避難場所や、水害のハザードマップ・防災に対する日頃の備えなどを明記したガイドブックです。

岡崎市役所や各支所で随時配布している他、岡崎市のホームページからも資料をダウンロードできますよ。

岡崎市の賃貸マンションやアパートに引っ越したら、近くの避難場所などをぜひご確認ください。

 

・徒歩帰宅支援、帰宅困難対策マップの作成・配布

 

大地震が発生して交通網が麻痺した場合、現在地からどのルートを通って帰宅するべきか示したマップです。

ルート上にある徒歩帰宅支援ステーション情報も記載されていますので、ご家族の勤務先や学校から自宅までのルートを把握しておきましょう。


まとめ


岡崎市のある愛知県は、東海地震・東南海地震の危険性が以前から指摘されています。

そのため、地震対策が施されている賃貸物件を選ぶことや、行政が行う防災対策などを利用して、日頃から災害に備えることがとても大切です。

ピタットハウス北岡崎店では、地震対策構造を採用した岡崎市の賃貸マンションやアパートを多数ご紹介しています。

防災対策を考えた岡崎市の賃貸物件探しは、ぜひピタットハウス北岡崎店にお任せ下さい。
≪ 前へ|ハトマーク・宅建協会って?   記事一覧   岡崎市 賃貸|そうだったのか!賃貸アパートに住む2つのメリット|次へ ≫

トップへ戻る